説明書

<操作の仕方>

基本的に画面をさわって操作をします。 (※パソコン版では、「画面をさわる」というのは、「画面をクリックする」ということになります。)

画面上で青い枠が点滅しているところをさわると、会話が表示されたり、場所を移動したりします。

考える力 を 考えよう、画面



会話が表示される

考える力 を 考えよう、画面

・・・・・

考える力 を 考えよう、画面



場所を移動する

考える力 を 考えよう、画面

会話画面では、ほとんどの画面が縦に長くなっています。指で画面を下から上になぞるようにして、画面をスクロールさせて、読んでください。

考える力 を 考えよう、画面

会話などが複数のページにまたがっている場合は、画面の下に『次へ』ボタンが表示されますので、そのページを読み終わったら、『次へ』ボタンを押してください。

考える力 を 考えよう、画面



次のページが表示される

考える力 を 考えよう、画面

<進め方>

いろいろな人の話を聞きながら、話を進めていきます。特定の人の話を聞いたりすると、行ける場所が増えていきます。

考える力 を 考えよう、画面

画面の右下には、主人公たちの顔が表示されています。これをさわると、主人公たちのひとりごとなどが聞けます。次にどこへ行けばよいか忘れてしまった時に主人公のひとりごとを聞くと、何かヒントがあるかもしれません。

考える力 を 考えよう、画面

考える力 を 考えよう、画面

<テストのような場面>

各章の最後では、主人公が他の人に、それまでに会話したことなどを説明するような場面があります。あなたにとってはテストのような場面になります。テストは、間違いが多いと途中で終了し、『後でやり直しをしよう』ということになります。

人間は普通、一度読んで理解したことでも、少し時間がたつと、自分でもあまり気づかないうちにどんどん忘れていってしまったりするのではないでしょうか。学習したつもりが、実はけっこう忘れてしまっている部分があって、実際には学習したことがきちんと身についていないということもけっこうあるかもしれません。そういったことをできるだけ避けられるよう、読んだことを自分がどのくらい覚えているかちょっと自覚できるような、このテストのような場面をもうけてあります。また、このテスト自体が、一度読んだ内容を繰り返し読むようなことになって、それで、読んだことを忘れにくくするという効果もあるかと思います。

テストは、一度目でクリアするのは難しいかもしれません。クリアできなかったら、その章の会話を繰り返し読んでみるとよいでしょう。

この「考える力を考えよう」の目的は単にこのテストに合格できるようになることではありませんが、ある程度学習目的として読むのなら、このテストをクリアできるくらいの記憶は残っている状態になっておいた方がよいのではないでしょうか。

テスト問題には、記述式の問題と選択式の問題の2種類があります。

記述式の問題は、文章の穴埋め形式です。適切な語句を入力欄に入力し、『決定』ボタンを押してください。入力は、漢字でなくても、すべてひらがな、またはすべてカタカナでも、正解になります。入力欄に入力後、入力した内容が正解であれば、入力欄の右側に赤い丸印がつきます。

考える力 を 考えよう、画面

選択式の問題では、文章が正しくなると思う選択肢のボタンを押してください。

考える力 を 考えよう、画面

ページ先頭へ