参議院選挙
(2016年7月10日(日)が投票日)
の情勢

2016年6月4日更新

現在の、政党と議席数

現時点ではどの政党がたくさん当選しそうか

野党の作戦は

新しい政党は出てこないのか


現在の、政党と議席数

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

参議院の選挙っていうのは、3年ごとに半分だけを選挙するってもんだから、ある政党が1回の選挙で票をたくさん取ったらそれで参議院を独占できるっていうわけじゃあねえんだよな。そこは衆議院とは違うところだよな。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

今回の選挙の対象にはならない、3年前に当選した議員の数が多い政党は、今回の選挙ではそんなにたくさん当選できなくても、参議院にはまだけっこうたくさんの議員がいることになるんですよね。逆に、今回の選挙の対象になる、6年前に当選した議員の数が多くて、今回の選挙の対象にはならない、3年前に当選した議員の数が少ない政党は、今回の選挙であまりたくさん当選できないと、参議院の中での勢力がかなり小さくなっちゃいますよね。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

ちなみに、現状(2016年5月5日)の各政党の参議院の議席数は、こんな感じらしい。

政党名 今回の選挙で
対象になる数
今回の選挙では
対象にならない数
合計
自由民主党 50 65 115
民進党 46 17 63
公明党 11 20
日本共産党 11
おおさか維新の会
日本を元気にする会
日本のこころを
大切にする党
社会民主党
生活の党と山本
太郎となかまたち
新党改革
(無所属) 12
ーーー合計ーーー 121 121 242

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

う〜ん、民進党は、今回の選挙で対象になる数の割合がかなり大きいですかねえ。今回の選挙の結果が悪いと、参議院の中での勢力がこれまでよりもかなり小さくなっちゃいそうですかねえ。自由民主党とか日本共産党とかは、今回の選挙では対象にならない数の方がけっこう多いですかねえ。・・・というか、政党ってなんか増えたり減ったりしてますかね?民進党が今年(2016年)の3月頃にできたのは知ってますけど、「日本のこころを大切にする党」だとか「日本を元気にする会」なんて前からありましたっけ?それから、前は、自由民主党でもなく民主党でもない、いわゆる「第三極」っていうので、「みんなの党」とかありませんでしたっけ?

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

え〜と、3年前の参議院選挙の頃から比べると、完全に新しく立ち上げられた政党はないのかな。ここ3年くらいの政党の変遷はこんな感じらしい。

大きな図はこちら

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

「みんなの党」は、2014年11月に解散したらしい。「みんなの党」にいた人たちの一部は、「日本を元気にする会」っていうのを2015年1月に作ったらしい。「日本のこころを大切にする党」は、「次世代の党」が2015年12月に党の名前を変更したらしい。「維新の党」は2015年12月に「おおさか維新の会」と「維新の党」と「改革結集の会」の3つに分裂して、それから「維新の党」と「改革結集の会」は2016年3月に「民主党」と合流して「民進党」になったらしい。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

あっ、「維新の党」は3つに分裂して、そのうち2つは「民進党」に合流したんですか。もともとの「維新の党」にいたあの人は今どこにいるのかなあ。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

う〜ん、数年前あたりに「第三極」とかって言われてた政党で、今でもそのまま残ってるところはねえんだなあ。数年前とかは、自由民主党でもなく民主党でもない「第三極」っていうのに期待してた連中もけっこうたくさんいたんじゃねえかと思うんだけどなあ。今の「おおさか維新の会」はかなり自由民主党寄りだっていうしなあ。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

ちなみに、自民党と公明党の与党で、今回の選挙では対象にならない議席数が76議席あるから、自民党と公明党は、今回の選挙で46議席以上を獲得すれば、参議院で過半数の議席を持つことになるね。それから、安倍首相は最近、憲法改正をかなりやりたがってるようだけども、憲法改正を参議院で発議するには、参議院議員の3分の2以上の賛成が必要になる。憲法改正に前向きな、自民党と公明党とおおさか維新の会と日本を元気にする会で、今回の選挙では対象にならない議席数が84議席あるから、自民党と公明党とおおさか維新の会と日本を元気にする会で、今回の選挙で78議席を獲得すれば、憲法改正の発議が事実上可能になってきそうかな。まあ、憲法の改正は、衆議院と参議院のそれぞれで3分の2以上の賛成で発議した後、国民投票をやって過半数の賛成が得られれば成立になるものだから、国会の中だけでは、いくら賛成する議員が多くても憲法改正はできないんだけども。まあ、その辺の数字を越えるか越えないかで、今後の政治の状況はけっこう変わってきそうかなあ。


現時点ではどの政党がたくさん当選しそうか

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

現状だと、どこの政党が一番たくさん当選しそうなんでしょうかね?

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

うーん、最近(2015年5月初旬)の新聞の世論調査とかだと、自由民主党に投票しようかと思ってる人が40%くらい、民進党に投票しようかと思ってる人が15%くらい、おおさか維新の会に投票しようかと思ってる人が6%くらい、日本共産党に投票しようかと思ってる人が5%くらい、まだどこの政党に投票しようか特に決めてないっていう人は25%くらい、とからしい。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

ただ、こういう世論調査って、回答率は40%とか50%とかだったりするんだよな。なんか面倒だとかって思って意図的に回答しなかった奴とかもけっこういそうじゃねえかな。意図的に回答しなかった奴っていうのは、どこの政党に投票するか特に決めてねえ奴が多そうな気がするけど、もしそうだとすると、どこの政党に投票するか特に決めてねえ奴の割合は実際にはもっと多いかもなあ。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

う〜ん、まだどこの政党に投票しようか特に決めてない人もけっこう多そうとはいえ、このままいったら自由民主党の楽勝な感じですかね。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

う〜ん、ただ、そう単純ではないかもなあ。今はまだ本格的な選挙活動が始まってなくて、ニュースとかでたくさん報道される与党が知名度が高くて有利とかっていうのもありそうだしなあ。ちなみに、6年前の参議院選挙の時の、選挙の半年くらい前だと、その時は民主党が政権を取ってたんだけども、民主党に投票するつもりっていう奴が33%くらいで、自由民主党に投票するつもりって奴が20%くらいだったらしい。しかし結果は、さっき見た一覧表でもわかるけども、自由民主党の方がたくさん当選したなあ。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

それから、自由民主党に投票しようかと思ってる人がけっこう多いっていっても、ある世論調査によると、その理由の80%くらいが、「他に良さそうなところがなさそうだから」っていうことらしい。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

えっ?え〜とそれはつまり、「自由民主党がいい」っていうわけでもないんだけど、他に良さそうなところがなさそうだから、なんかとりあえず自由民主党に投票するかなあって思ってる人がほとんどっていうことですかね。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

う〜ん、今、みんなの関心で高そうなのは、この国の景気が良くなるかとかじゃないかなあと思いますけど、まあ、「アベノミクス」とかっていうのにかなり期待してたりその効果を信じてたりする人も多いんですかね。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

うーん、ただ、世論調査とかだと、「アベノミクス」を「評価する」って答えてるのは35%くらいで、「評価しない」って答えてる53%くらいよりもかなり少なかったりする。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

えっ?あっ、あれっ?

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

う〜ん、なんか、あまりいいとは思ってないし期待もそんなにしてないけど、それよりもましなところが他になさそうだから仕方がないっていう、こう言っちゃなんですけど、国民から見るととてもレベルの低い争いになってるってことですかね。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

「他に良さそうなところがなさそうだから」っていうのは、つまり、他に良さそうなところが出てきたり、他に良さそうなところが見つかったりすれば、そっちに投票する可能性が高いっていうことですかね。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

今はまだ選挙の争点とかがはっきりしてなかったりして、なんかみんな漠然と考えてるかもしれないけど、選挙がもっと近くなって、各政党が具体的にいろんな政策とかを提案するようになってきたり、最近の与党の政策が具体的に何をやってきてどういう結果になってるのかとかが検証されるようになってきたりしたら、今とは考えが変わってくるっていう人もかなり多いかもね。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

ちなみに、新聞とかテレビとかの世論調査って、主に固定電話に2千人くらいに電話をかけるやり方でやってるところとかが多いらしいけども、そういう世論調査のやり方だとかなり偏った結果になる場合もけっこうあるんじゃねえかっていう話もあるかな。実際問題として、世論調査での自民党の支持率だとか安倍内閣の支持率はけっこう高いのに、この前の4月24日の衆議院の北海道5区の補欠選挙なんかは、もともと自民党の候補者がかなり有利と言われる状況だったにも関わらず、かなり僅差でなんとか当選できたっていう感じだったな。それから、2014年12月の衆議院選挙の前の、新聞とかテレビとかの世論調査だと、自民党に投票するつもりだっていう人の割合が40%くらいとかだったけども、実際に自民党に投票したのは、有権者全体からすると17.5%くらい、投票した人の中だけで見ても33%くらいだったな。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

そういえば、韓国も同じような世論調査のやり方をしてるそうなんだけども、この前の4月13日の韓国の国会総選挙では、世論調査だと、選挙の直前とかでも、与党のセヌリ党っていうのがかなり優勢で、全体で300議席あるうちの170議席くらいを取れるんじゃないかとかって言われてたけど、選挙が終わってみたら、122議席しか取れなかったね。野党の「共に民主党」は123議席を取ったんで、一番たくさん議席のある党にもなれなかったね。まあ、選挙直前まで、セヌリ党は支持が減ってきてて、「共に民主党」は支持が増えてきてる状況ではあったらしいけども。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

う〜ん、世論調査とかで支持率とかにけっこう差があったりすると、なんか自分がどこに投票してもあんまり意味がないような気がして、自分は投票に行く必要はないのかなあとかって思ったり、みんながあの政党がいいと思ってるならそれがいいのかなあとかって思ったりすることもあるけど、選挙はやっぱり、自分でどこに投票するか考えて、自分が投票したいところに投票をしにいった方がよさそうですかね。


野党の作戦は

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

民進党だとかおおさか維新の党だとか他の野党だとかは、これからもっと支持率を上げるような作戦とかはあるんでしょうかね?

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

う〜ん、まあこれからいろいろと自分たちの主張をうったえていくと思うけども、今の様子を見てると、民進党だとかおおさか維新の党だとかの野党はどこも、自分のところだけで自由民主党よりもたくさん当選するのは無理そうだと思ってそうかなあ。ただ、民進党、日本共産党、社会民主党、生活の党と山本太郎となかまたち、の4党は、「選挙協力」とか「野党共闘」とか「統一候補」とかって言って、「それぞれの政党で獲得できる票を足し合わせて、自由民主党の立候補者よりもたくさんの票を獲得して当選しよう」とかっていうことをやるらしい。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

「それぞれの政党で獲得できる票を足し合わせる」?

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

例えば、当選できる人が1人だけの選挙区で、各政党が普通に立候補者を1人ずつ立てて選挙をすると、自由民主党の立候補者が40%、民進党の立候補者が25%、日本共産党の立候補者が15%、社会民主党の立候補者が10%の票を獲得して、結果として自由民主党の立候補者が当選したりする。じゃあ、民進党と日本共産党と社会民主党が事前に話し合いをして、3党で立候補者を1人にして、3党のみんなで「うちの政党の立候補者に投票したいと思ってる人はこの人に投票してください」ってすれば、単純に3党の立候補者をそれぞれ立てた場合の獲得票数をたしたら50%になるから、自由民主党の立候補者は落選になってこの候補者が当選できそうだ、とかっていう考えみてえだな。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

あっ、なるほど、まあなんか、お互いをつぶし合わないようにするっていうことでもありますかね。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

まあしかし、そういう話し合いって、ちゃんとうまくまとまるんでしょうかね?どこの地区はどこの政党の候補者にするかとかって具体的に決めていこうとすると、けっこうもめたりするんじゃないですかね?なんだかんだいってもお互いの利害がけっこうぶつかったりしそうだし。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

その辺は当初からかなり疑問視されてたところだったけども、現状では、なんかその辺の調整はうまくできたらしい。当選できる人が1人だけの選挙区っていうのは32地区あるらしいんだけれども、その全部の地区で、候補者を一本化できてるらしい。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

いくつかの政党で立候補者を1人にしたとして、それで、思惑どおりに、各政党の立候補者分を足し合わせた票数を投票してもらえるもんなんですかね?

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

う〜ん、それはその他のいろんな状況によっても変わってくるんじゃあねえかと思うけども、この前の4月24日の、衆議院の北海道5区の補欠選挙の結果を見ると、この選挙は実際にそういうことを民進党とか日本共産党とかが初めてやってみた選挙だったんだけども、その時の結果は、わりと思惑どおりになったっぽいかな。前回の選挙で民進党の立候補者が得た票数と日本共産党の立候補者が得た票数の合計くらいの票数を得る結果になったかな。まあ、今度の参議院選挙でもみんな同じような結果になるかはまだわからんかなあと思うけど、けっこう思惑どおりにいく可能性も、けっこうあるのかなあと思うかな。


新しい政党は出てこないのか

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

ちなみに、これからまた新たな政党が立ち上がってそれが躍進するとかっていう可能性はあるんですかね?

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

う〜ん、まあ可能性としてはなくはないと思うが、今のところ、なんか新しい政党が新たに立ち上がりそうとかっていう話はオレは聞いたことがねえかなあ。今の状況だと、なんか国民の多くは、自分がいいと思えるような投票先が見つかってねえみてえだし、なんか例えば、自由民主党寄りでもなく民進党寄りでもなく、いつも国民のことを考えて行動して、この国の政治の悪い部分を改革して、今の若い世代のこともしっかり考えてくれて、真面目に一生懸命がんばってくれるような政党とかあったら、かなり支持を得られそうな気もするけどなあ。う〜ん、まあでも、現実問題として、無名の人間たちだけでなんか立ち上げたりしても、マスコミとかはほとんど取り上げてくれなさそうだし、知名度を上げられなくて、いきなり躍進とかっていうのは普通にやってたらかなり難しそうかなあ。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

そういえば、去年(2015年)の夏頃に国会前でデモをしてた、SEALDs(シールズ)とかっていう団体とかはどうしてるんですかね?あの辺の人たちは今は何をしてるんですかね?新しい政党作ったり誰か参議院選挙に立候補したりしないんですかね?

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

まあ、あの辺の連中とかは、あくまで、集団的自衛権の行使だとか戦争の手伝いをすることだとかに反対するっていうだけで、この国の政治全体を受け持とうとかっていう気はねえんじゃねえかな。それから、SEALDs(シールズ)とかって、大学生とかが活動の中心だったと思うし、みんな30歳になってなくて、参議院議員に立候補はできねえんじゃねえかな。

サキノブの顔 サキノブ(21歳くらい・学生)

あっ、そういえば、参議院議員って、30歳にならないと立候補できないんでしたっけ。18歳選挙とかっていっても、そこは変わらないんでしたっけ。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

ちなみに、SEALDs(シールズ)は、「学者の会」だとか「ママの会」だとかの他の4つの団体と共同で、「市民連合」っていう団体を去年(2015年)の12月に作ったらしいね。なんか、参議院選挙で当選者が1人だけの32の選挙区で野党が候補者を絞り込むように、いわゆる「選挙協力」をするように、野党に働きかけてたらしい。それで、去年の夏に強行採決された安保法の廃止とか集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回とかの基本方針に賛同する候補者を推薦して、選挙応援とかをするらしい。独自の立候補者は擁立しないらしい。ちなみに、SEALDs(シールズ)と同じような方向性の活動をしてる高校生の団体のT―nsSOWL(ティーンズソウル)っていうところも、この「市民連合」と同じように、野党の選挙協力を応援してるらしい。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

う〜ん、そうですか、野党の選挙協力を応援ですか・・・。まあぼく個人的には、なんかもっと本当に国民にとって良さそうな政党とかが出てきて、そこが将来政権を取ってくれたらいいんじゃないかなあと思うんだけどなあ。野党の選挙協力を応援っていうことは、新しい政党なんて出てきたら、じゃまなだけですかね・・・。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

う〜ん、まあ、このままいくと、野党が選挙協力とやらをしてるとしても、また、国民の多くが、投票したい政党とか立候補者がいねえって思って、投票率は60%以下とかになっちまって、そうすると結局自由民主党とか公明党とかの立候補者が当選しやすくなるとかっていうことにまたなってきたりするかもなあ。まあ、あくまで、立候補する人間とかも含めて、まだまだすべては国民次第なわけだけども。何かのきっかけで一気に支持率が動くとかっていうこともけっこうあるしなあ。



2016年1月25日に書いた、情勢


ページ先頭へ