「関係法令に基づいて適切に対応していく」
2015年4月7日

関連ページ:「『粛々と』という言葉は今後使わない」2015年4月6日

サキノブの顔 サキノブ(20歳・学生)

この前、菅義偉官房長官が、名護市辺野古への新基地建設について、「粛々と進めていく」との表現をこれからは使わないって言ってましたけど、なんかそのかわりに、「関係法令に基づいて適切に対応していく」って言うようにしたらしいですね。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

う〜ん、ここで言ってる「適切に」っていうのは、どういう意味合いなのかなあ。なんか、「国民が得するかどうか」とかっていうようなことより、単に、「法令通り有無を言わさず実行する」っていうような感じに聞こえるんだけど、そういう意味合いということでいいのかなあ。 それはつまり、言葉は変えたけど、今までもこれからも、やることは変わらないっていうことかなあ。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

ちなみに、オレは、この国の法律っていうのが、いつも全て完璧だとは思ってねえし、法令通りやるから正しいとか良いとかは思わねえな。法律なんて所詮人間が決めた決め事だし、オレは、国民が本当に得するかどうかを、国として良さそうかどうかの判断基準にしたいと思う。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

あ〜、言葉を変えただけだとすると、これは、・・・駄目かな。この問題はしばらく決着がつかなそうかなあ。


ページ先頭へ