安保法が成立
2015年9月19日

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

集団的自衛権の行使をできるようにしたりする法案が、参議院でも可決されて成立しましたね。

サキノブの顔 サキノブ(20歳・学生)

なんか国会の周辺とかではデモ活動がすごかったみたいですし、国会の中でも乱闘みたいなこととかがあったりして荒れ模様だったみたいですけど、結局、多数決で成立しちゃいましたね。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

安倍首相とかは「丁寧な説明をする」とかって言ってたけど、結局十分に納得のいく説明はできてなかったんじゃねえかな。「アメリカの戦争にまき込まれるようなことは絶対にない」とか「自衛隊の危険性は増えない」とかの根拠は示せてなかったと思うし。具体的に説明してほしいと言われてもなんかあいまいなことしか言わなかったりすることも多かったみてえだし、言ってることが安倍首相と中谷防衛大臣でくい違ってたり、同じ人でも言ってることが二転三転してたこともけっこうあったみてえだし。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

なんか安倍首相が言ってたたとえ話とかも、たとえとしてあんまりあってないような感じがしたかなあ。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

う〜ん、「自分たちはこうした方が国民のためになると思っている」っていうようなことをもっと説明してくれたりするのかなあと思ってたけど、国民のためを思ってやってるっていうような感じも、あんまり感じられなかった気がするかなあ。

サキノブの顔 サキノブ(20歳・学生)

それにしても、こんな風に、たくさんの人が強く反対してたり、普通の人が納得のいくような説明ができてなかったりしても、法律って成立しちゃうんですね。なんか、民主主義ってなんなんだろうとかって思っちゃいますけど。

ソータローの顔 ソータロー(35歳くらい)

まあ、今のこの国の仕組みっていうのは、いわゆる議会制民主主義だからな。国民が直接できるのは、議員を選挙で選ぶところまでで、あとは、実際にどんな法律を作るかとか税金をどうやって集めて何に使うかとかは、基本的に選ばれた議員が好き勝手できるっていうような仕組みだからな。国民としては、基本的には、選挙の時に、自分たちのためになる政治をしてくれるような人をできるだけしっかり選ぶように努力するしかねえんじゃねえかな。政治のことはよくわからねえからとか、政治に特に何も期待してねえからとかで、てきとうな奴に投票してたり、投票にいかなかったりすると、自分にとって都合の悪いことをする奴が当選して自分は不利益を受けるっていうことは、十分ありうるんじゃねえかな。

コーシ先輩の顔 コーシ(35歳くらい)

まあ、現実問題として、国民はみんな自分の生活で手一杯な人も多いだろうし、政治のことをいつも全部ちゃんと理解してろとか、政治家が選挙の時に都合の良いことばっかり言うのに騙されないよにしろとかいうのも、なかなか酷なことかなあとも思うけどね。

ソテの顔 ソテ(28歳くらい)

あっ、そういえば、去年(2014年12月)の衆議院選挙の時にはこんなことするってほとんど言ってなかったと思うし、投票率はたしか53%ぐらいだったと思うけど、こうなるってみんな知ってたら、それでも同じ結果になったのかなあ。


ページ先頭へ