ダイエットについて考えてみよう

やる気を継続させるには

モダの顔 モダ

よーし、だいぶダイエットについて理解してきたぞ。自分が何をしてみたらよさそうかもけっこう具体的にわかってきたなあ。あとは問題は・・・。

ソテの顔 ソテ

まだ何か大きな問題がありますかね。

モダの顔 モダ

オレのやる気が続くかどうかだなあ。ここまで考えてきた感じだと、15キロ脂肪を減らすダイエットとかには、半年くらいはかかりそうだし、その後もその体型を維持しなくちゃいけねえから、オレのやる気がずっと続かねえと駄目だよなあ。

ソテの顔 ソテ

あっ、なるほど、たしかにやる気は大事ですね。自分にとって一番良いダイエット法とかがわかってても、やる気が全くなければ、ダイエットは実現しませんよね。まあただ、そんなに特別強いやる気じゃなくても、あまり無理しない範囲で普段の生活習慣を少しずつ変えていければ、だんだん新しい生活習慣に慣れてって、その生活習慣が普通になるんじゃないですかね。

モダの顔 モダ

う〜ん、まあそうかもしれねえけど、ちょっとでも何か新しいことをしたり今までやってきたことを変えたりすると最初はちょっと違和感があるかもしれねえし、新しいことに最初の一歩を踏み出すにはなんかちょっと抵抗感があるかもしれねえから、それを打破するにはそれなりのやる気がほしいかなあ。う〜ん、オレのやる気を出すには、オレのやる気を継続させるには、どうしたらいいかなあ。

コーシの顔 コーシ

う〜ん、そもそも、『やる気』って具体的に何ですかね。同じような状況でも、やる気がすごく出る人もいれば、やる気があまり出ない人とか、むしろやりたくないという気になる人もいるのはなんでなんでしょうかね。

モダの顔 モダ

えっ?う〜ん、なんかみんないろいろ、価値観とか考えることとかが違うのかなあ。

コーシの顔 コーシ

『やる気』っていうのは、いわゆる『感情』の一つでしょうかね。感情って、ある人がある物事を自分にとってどういうことかって認識したときに感じる感覚みたいなものかなあって気がしますけど、やる気っていうのは、その人が、『それをやった方が得だ』とか『それをやると楽しそうだ』とか認識しているときに感じる感覚みたいなもんでしょうかね。

モダの顔 モダ

あっ、う〜ん、なるほど。たしかにそういう感じかなあ。『それをやると損だ』とか『それをやると苦しそうだ』とかって思ってると、それをやりたくねえっていう感覚になるし。

ソテの顔 ソテ

同じ物事についてでも、人によって、価値観が違ったり考えることが違ったりしてそれをどう認識するかが違うと、感じるやる気の感覚も違うってことですかね。そういうことだとすると、今はやる気がないことでも、それについての考え方を変えたりじっくりあらためて考えてみたりすると、認識が変わってやる気が出てくるかもしれないし、ちょっと強引に宗教的な感じに、それが自分にとって絶対得なんだとか思い込んでそれ以上考えないようにすれば、強引にやる気を出して継続させることも可能かもしれませんね。まあそんな強引なやり方がその人の人生にとって本当に良いかどうかはわかりませんけど。あとちなみに、本当は自分にとって得でもなんでもないことでも、それが得だとか自分はそうすべきだとか思いこんじゃってると、本来は必要のないところにやたらやる気が出ちゃったりすることもありそうですかね。

モダの顔 モダ

あ〜、たしかに、無駄なやる気とか、周りに迷惑がかかる変なやる気を出すやつがたまにいるよなあ。本人は満足そうなんだけど、たまに対応に困ることがあるなあ。まあしかし、ダイエット関連とかってうさんくさいダイエット法とか健康食品とかも多いし、オレも変なことを信じて変なことにやる気を出さないようにしないとなあ。

コーシの顔 コーシ

少なくとも、ただ何かをてきとうに信じようとか信じないとかじゃなくて、何事も自分で、それは具体的にどういう仕組みになってて、どう自分の役に立ちそうかとかを考えられるようにしてた方がいいんじゃないですかね。他の人にとって大きな効果のあることが自分にとっても同じ効果があるとは限らないですし、まずは自分でじっくり考えられる限りのことを考えて、実際にやってみないとわからないところはすこし実際に試してみてまた考えたりするようにしてないと、その物事を正しく認識できないし、正しく認識できなければ、本来出てくるべき感情と違う感情が出てきちゃうんじゃないですかね。

モダの顔 モダ

ほうほう、なるほど、たしかに、そういう風にしてりゃあ、変なのにだまされる可能性とかもずいぶん減りそうかなあ。実際コーシ君は、なんかがブームになったりしても、自分にとってそれが本当に価値があるんじゃなけりゃ手を出さねえし、ブームに流されたり変なのにだまされたりしねえよなあ。しかもたとえ自分にとってあった方がいいものがブームになったとしても、すぐに必要なものじゃなきゃ、ブームが下火になった頃をねらって安く手に入れてたりするよなあ。

コーシの顔 コーシ

まずは、ダイエットすることの価値について正しく認識することができれば、それが本当に自分のためになることであるのであれば、結果として当然やる気が出てくることになりそうですかね。

ソテの顔 ソテ

モダさんのダイエットの目的ってなんでしたっけ。

モダの顔 モダ

まずは健康に長生きするためだな。突然血管が詰まって死んだりしたくねえし。ただそれ以外にも、痩せてた方が動きやすいし、周りからの印象も良さそうだし、目的は完全に一つじゃあねえかなあ。

コーシの顔 コーシ

まあ目的はいろいろあってもいいんじゃないですかね。ところで、太りすぎの状態と適度な量の脂肪の状態とで、具体的にどのくらい寿命が違いそうかとか、具体的にどのくらい良い人生がおくれそうかとかっていうのはわかってますかね。

モダの顔 モダ

え?・・・いや、そう言われてみると、そんなに具体的にはわかってねえなあ。なんかの成人病になる確率が何倍とか聞いたこともあるけど、それが本当かはわからねえし、そもそもその成人病になる人がどのくらいいるもんなのかとかもわかってねえし、今はやや漠然と、肥満じゃない方が健康的で長生きできそうだって思ってるだけだなあ。

コーシの顔 コーシ

なるほど。まあ、肥満じゃない方がいいと思ってるってことは、多少はやる気は出てきそうですけど、具体的にどのくらい良さそうかっていうのがないと、強いやる気にはならないかもしれませんねえ。ただ、たしかに、人それぞれいろんな体質やら生活習慣やら、肥満以外にも病気とかに関係しそうな要因はたくさんありますし、肥満であるのとそうでないのとで具体的に自分の人生がどう変わるか、具体的にどのくらい寿命が変わるか、具体的にどのくらい健康で楽しい人生がおくれるかっていうのは、なかなか正確にはわからない部分、数値では表現できない部分、その人の価値観によっても評価が変わってくる部分もあるかと思いますし、なかなか正確に把握したり認識したりするのは難しい問題ではありますかねえ。

ソテの顔 ソテ

極端にいえば、『人生にとって食べることが生きがいで、好きな時に好きなものを好きなだけ食べられれば、短命でも他に何が起こってもかまわない』という価値観の人にとっては、ダイエットするやる気なんてみじんも出てこなさそうですかね。まあただ、普通の人の価値観とか現在わかってる医学的な研究結果とかを考えると、たいていの人にとっては、肥満じゃなくて適度な脂肪の量で生きてた方が、かなり良い人生がおくれる可能性が高そうですけど。

モダの顔 モダ

う〜ん、なるほど。自分が具体的にわかってないところで、調べればある程度わかりそうなことは、もっと自分で調べてみるかなあ。

コーシの顔 コーシ

ちなみに、『肥満になるもならないもその人次第、肥満によって病気になるもならないも基本的にはその人の責任次第』とはいっても、今のこの国の社会保障の仕組みだと、肥満の人が増えると、肥満でない人にも影響がある可能性があるんですよね。病院で治療を受けた時の医療費とかいうのは、その人が治療を受けた時に払う金額は、本来その治療にかかってる医療費の3割とかで、残りは、普段国民から集められたお金で支払われてるんですよね。健康じゃない人が世の中に増えると、医療費全体の金額が増えて、国民からよりたくさんのお金を集めなくちゃいけなくなりそうですよね。そうすると、病院に全然行かない人から集めるお金も増えることになりそうですよね。肥満で実際どのくらい病気になる割合が増えたりするのかはぼくも正確にはわかってないですけど、肥満の人が増えることでこの国の医療費が増えることになるのであれば、肥満の人が増えると、肥満じゃない人のお金も減っていくことになるんですよね。

ソテの顔 ソテ

あらまあ。じゃあ、現在肥満の人もそうでない人も、この国から肥満を減らすように自分ができる努力をした方が、みんな豊かで幸せに暮らせるのかもしれませんね。ちなみに、肥満の人のせいで肥満じゃない人のお金も減るっていう認識がみんなの中に根付くと、肥満の人はそういう点で肥満じゃない人からちょっと嫌な目で見られるようになるかもしれませんね。

モダの顔 モダ

うっ、それはちょっと嫌だなあ。まあでも、実際みんなに迷惑かけてるんなら仕方ねえし、今のオレとしては、むしろそういうのがあった方が、自分はダイエットすべきなんだって強く認識できて、ダイエットに対するやる気が強く出てきていいかもなあ。

ソテの顔 ソテ

そういえば、10年前くらいから、40歳から74歳の人は必ずメタボリックシンドロームの検診を受けなきゃいけなくなったりして、この国は社会全体として肥満とかを減らそうっていう方向になってるんじゃないかと思いますけど、実際みんなのやる気とかはどうなんでしょうね。肥満の人は減ってきてるんですかね。

モダの顔 モダ

う〜ん、どうなんだろうなあ。肥満が減ってきてるんならなんかニュースとかになりそうだけど、そういうニュースは今のところ聞いた覚えが無いかなあ。そういや10年前あたりは、やたらいろんなダイエット法が次々と出てきたりして、テレビとかもダイエットに関する番組をたくさんやってたけど、最近あんまりそういうのも見なくなった気がするかなあ。なんかもうネタ切れなのかなあ。あの頃は、なんか次から次へといろんなダイエット法とやらが出てくるけど、あんまり効果がなさそうなのも多かったから、しばらく様子を見て、一過性のブームで終わらすに残ったやつをやろうかなあとか思ってたんだけど、なんかほとんど何も残らずにみんな終わってしまった気がするのはオレだけかな。

ソテの顔 ソテ

う〜ん、あの頃はあれだけいろいろダイエット法が出てきたのに、この国の肥満はあまり解決されてないんですかねえ。

モダの顔 モダ

しっかり残ったダイエット法っていったら、やっぱり、運動を増やすことと食事で取るエネルギー源の量を減らすことくらいなのかなあ。実際、バナナ食べろだの納豆食べろだの体にバンドまけだの、ああいうのはどうだったんだろうなあ。

ソテの顔 ソテ

納豆はなんか実験結果とかが捏造されてて論外だったんじゃなかったでしたっけ。

モダの顔 モダ

あっ、そういやそうだったっけ。まあそんなのも含めてあれだけたくさんいろんなダイエット法とかが出てきたわりには、みんなの期待にちゃんとこたえられるようなものはあまりなかったのかなあ。

コーシの顔 コーシ

う〜ん、じゃあ今度は、世間で評判になったダイエット法とかダイエット食品とかについて、みんなで少し考えてみましょうか。

モダの顔 モダ

そうだなあ、そうしてみるかあ。じゃあみんな、また調べられる範囲でちょっと調べてきて、また来週集まるかあ。

ソテの顔 ソテ

わかりました。そうしましょう。

モダの顔 モダ

じゃあオレは・・・、なんかダイエットにいいっていうお茶とかについてちょっと調べてみようかなあ。以前、オレのまわりでもそういうの飲んでたやつがいたし。

ソテの顔 ソテ

え〜とじゃあぼくは・・・、ダイエット関連で話題になった本とかDVDとかについてちょっと調べてみようかなあ。

コーシの顔 コーシ

じゃあぼくは・・・、ダイエットに関する食事で話題になったものとかについてちょっと調べてみようかなあ。



株式会社和田システム、ロゴ 株式会社和田システム