ダイエットについて考えてみよう

1ヶ月でどれくらい脂肪を減らせるか

モダの顔 モダ

おーっす。じゃあ今日も、ダイエットについてまたいろいろ考えてみるかー。

コーシの顔 コーシ

こんちは。

ソテの顔 ソテ

どうです?ダイエットの計画は立てられました?

モダの顔 モダ

おう、今週はちょっと気を使って、食事の量を減らして、取るエネルギー源の量をかなり減らしてみてる。ところで、この前は脂肪が体につく仕組みについて主に考えたけど、一度体についた脂肪っていうのは、どうやったら体からはなれるんだ?

ソテの顔 ソテ

たぶん、体がエネルギー不足の状態になると、脂肪がエネルギー源に変換されて使われるんですよね。脂肪ってもともと、あまったエネルギー源が変化したものだし。基本的には、その日に食べたエネルギー源の量より、その日に使うエネルギーの量の方が多ければ、脂肪が減ることになるんじゃないですかね。

コーシの顔 コーシ

おそらくそういうことだろうと思う。全身をめぐってる血液の中のエネルギー源の量が多くなると、ありあまってるエネルギー源が体のあちこちで血液から出て脂肪になるようだけど、逆に、全身をめぐってる血液の中のエネルギー源の量が少なくなると、体のあちこちで脂肪がエネルギー源に戻されて血液の中に取り込まれるのかな。

モダの顔 モダ

なるほど。そうだとすると、脂肪が体につくときは、体のどこに脂肪をつけるかは自分では操作できなさそうだったけど、脂肪を使うときも、体のどこの脂肪を使うかは自分では操作できなさそうかなあ。なんか体が勝手に必要に応じててきとうな場所の脂肪をエネルギー源に戻すんじゃなあ。とりあえず真っ先に下腹の脂肪を少なくしたいと思っても、そこの脂肪だけをエネルギーにして使うっていうのはちょっと無理そうかなあ。

ソテの顔 ソテ

『部分やせ』とかみたいなのを意図的にやるのはちょっと難しそうってことですかね。ちなみに、ゴムのきつい靴下を履いてると、靴下を脱いでも靴下のあとがしばらく残ったりしますけど、なんかエステとかでやってる部分やせとかっていうのは、マッサージとかをうまくやって、一時的に体の表面の形を変えるあとをつけるっていう、本質的には靴下のあとがつくのと同じことをやってるだけだって聞いたことがあります。だから脂肪は全然減ってないし、数時間とかすると体型は元に戻っちゃうらしいです。まあ、それがどこまで本当かは、ぼくは自分でたしかめたわけじゃないですし、わからないですけど。

コーシの顔 コーシ

ところで、基本的には、その日に食べたエネルギー源の量より、その日に使うエネルギーの量の方が多ければ、脂肪が減ることになりそうだけど、具体的にどのくらいのエネルギーを、何カロリーくらいのエネルギーを余計に使えば、何キロくらい脂肪が減ることになるのかな?

モダの顔 モダ

あっ、そうそう、今週はけっこう食事を減らしてみて、使ってるエネルギーよりも取ってるエネルギー源の方が何百キロカロリーか少なくなってるはずじゃねえかなあだと思うんだけど、なんか全然痩せていってる気がしねえんだよなあ。体重も変わってるのかよくわららない範囲だし。これはどういうことだろ?

ソテの顔 ソテ

あっ、それについてはちょっと調べてきました。えーとですね、ぼくが調べた資料によると・・・、脂肪1キログラムを使うには、7200キロカロリーくらいを使う必要があるようです。まあ、こういうのはやっぱり個人差があったりするようなので、あくまで目安ということになると思いますけど。

モダの顔 モダ

へ〜、脂肪1キロが7200キロカロリーかあ。・・・って、え?7200キロカロリー?720キロカロリーとかじゃなくて?7200キロカロリーっていったら、普通の人の3日分くらいの食事のカロリーじゃねえか。時速10キロのランニングで使うとしたら、10時間くらい、距離にして100キロメートルくらい走らなきゃいけねえってことか。3日間何も食べねえか、100キロをけっこう速いペースで走るかして、やっと脂肪が1キロ減るってことか。・・・う〜ん、こりゃあ15キロダイエットするのとかってのは、大変なことだなあ。45日間水だけとかで何も食べねえか、1500キロ走るかなんて、気が遠くなるわ。

コーシの顔 コーシ

人間って、脂肪がたくさんあっても、たぶん一週間とか何も食べないと死んじゃいそうだし、一日でも何も食べないと、体に力が入らなくなって普通の生活はできなさそうだし、それに人間ってカロリーだけで生きてるわけじゃなくて、ビタミンだのカルシウムだのも生きていくのに必要でしょうから、やっぱり何も食べないで毎日過ごすわけにはいかないんじゃないですかね。

ソテの顔 ソテ

食事が少なすぎて元気の無い生活をしてると、使うエネルギーの量も結局少なくなっちゃいそうだしなあ。あと、たくさん走るっていっても、体力的な問題とか足の筋力的な問題とか自分が使える時間の問題とかで、ある程度限界がありますよね。

モダの顔 モダ

はあ〜、なんてこった。というか、逆に考えてみれば、むしろオレはよくここまで脂肪をためたなあ。まあたしかに、脂肪がたまっていくときも、1ヶ月くらいで急に太ったんじゃなくて、けっこう長い時間をかけて、自分でもあまり実感がないままに徐々に徐々に太っていったよなあ。『今日はたくさん食べちゃったなあ』とかって思っても、次の日に体重計に乗ってもそんなに体重が増えてたりはしてないから、これでも大丈夫なんだとか思っちゃってたしなあ。いやあ、日々の積み重ねってのはすごいねえ。

ソテの顔 ソテ

まあたしかに、一日に食べられる量にも限界があるし、脂肪って短期間でたくさんためようと思ってもそれも難しそうですけど、ずいぶんためちゃいましたねえ。

コーシの顔 コーシ

現実的に考えて、一日3食、基礎代謝っていうののエネルギー分くらいは少なくともちゃんと食事を取らないと、カロリー以外のエネルギーが不足しちゃうし、普通に動けなかったり筋力が衰えたり骨が弱くなったりもしそうだし、健康的に普通の生活がおくれなさそうですかねえ。そのうえで、できる限り運動とかをしてエネルギーをたくさん使うようにする、激しくたくさん運動する時とかはちょっと元気が出るようにもうちょっと多めに食べたりもする、とかっていうのが、健康的にできるだけ短期間で脂肪を減らす方法でしょうかねえ。

ソテの顔 ソテ

そうすると、まあ現時点の体重とか普段のお仕事の内容とかにもよりますけど、かなりがんばっても、せいぜい1日千数百キロカロリー分くらいの脂肪を使うのが精一杯ってところでしょうかね。1ヶ月でせいぜい、5キロくらい脂肪を減らすのが限界でしょうか。

コーシの顔 コーシ

まあ、実際はもうちょっとたくさん食べた方が普通に元気に活動できるだろうし、かなりがんばっても1ヶ月でせいぜい5キロくらいが限界で、本当にまず健康第一でやるなら、1ヶ月に2キロとか3キロくらいがいいとこかもねえ。

ソテの顔 ソテ

そういえば、特に未成年の人の場合とかは、毎日の食事が少なすぎると、骨が弱くなったり、成長すべきところが十分に成長できなかったりして、一生不便な体で過ごすことになっちゃったりもするらしいですね。

モダの顔 モダ

う〜ん、1ヶ月に2キロくらい脂肪を減らすとすると、15キロ減らすには7ヶ月くらいはかかるかあ。・・・まあでも、今のオレとしては、7ヶ月で順調に脂肪が減らせれば、それで十分だなあ。すぐに脂肪を減らさないと死んじまうとかいうわけじゃないし。来年の健康診断には余裕で間に合うし。

コーシの顔 コーシ

1ヶ月に脂肪を2キロ減らそうとすると、脂肪2キロはカロリーにすると14400キロカロリーくらいみたいだから、一日あたりでは・・・、480キロカロリーくらいずつ脂肪を使うようになればよさそうですかね。

脂肪増減計算機
一日の摂取カロリーをキロカロリー
一日の消費カロリーをキロカロリー
とすると、

ソテの顔 ソテ

一日に取るエネルギー源の量よりも、一日に使うエネルギーの方が、平均で480キロカロリーくらい多いような生活をすればよさそうってことですかね。

モダの顔 モダ

えーと、オレは先週くらいまでの状態だと、一日に取ってるエネルギー源の量は3000キロカロリーくらいで、一日に使うエネルギーは2550キロカロリーくらいかなあって感じで、一日450キロカロリーくらいずつ脂肪蓄積進行中らしい状態だったよなあ。これを逆に、一日に使うエネルギーの方が480キロカロリーくらい少ないような状態にしなくちゃいけねえなあ。900キロカロリーくらい逆転させなきゃいけねえなあ。

ソテの顔 ソテ

食事で取るエネルギー源の量をかなり減らすか、運動か何かエネルギーを使うことをたくさんするか、その両方をうまく組み合わせるかですかね。

コーシの顔 コーシ

そこは人によって生活習慣とか仕事の事情とか価値観とかいろいろあるだろうし、人それぞれ、どうするのが一番良いかっていうのは、人によって違うんじゃないかな。毎日けっこう暇な時間がある人だったら、運動の量を増やすだけで食事はそのままでもいいかもしれないし、仕事が忙しかったりで運動してる暇は全然ないような人だったら、食事で取るエネルギー源の量を減らすことが中心のダイエットの方が無理なくできそうだし。

モダの顔 モダ

う〜ん、なるほど、そうだなあ、そこは絶対自分で考えなきゃ駄目だよなあ。誰か他の人がそうしてるからとか、テレビで紹介された有名なダイエット法だからとかで自分もそれをやるのが一番良いとは限らねえよなあ。う〜んと、オレの場合は・・・、食事はまあ少しは減らしたり内容を変えたりしてもいいけど、そんなに大きくは変えたくねえなあ。うまいもん食べるのはオレの人生の楽しみでもあるしなあ。平日は毎日仕事があるけど、毎日そんな夜中まで働いてるわけじゃないし、夜とかに家で30分くらい腕立て伏せやったり腹筋運動やったりスクワットやったりとかはやってみてもいいかなあ。土日とかの休日はどっか遊び行ったり買い物に行ったりすることもあるけど、家でねっころがってテレビ見たりしてる時間もけっこう多いし、一日一時間くらいランニングでもするようにしてみようかなあ。あっ、休日は平日に比べてあんま動いてねえから、もともと使ってるエネルギーが少ねえなあ。それを考えると、一日平均で、900キロカロリーくらいじゃなくて1000キロカロリーくらい逆転させなきゃいけねえか。

コーシの顔 コーシ

え〜と仮にその運動量だとすると、一日あたりの使用エネルギーの増加は平均で・・・、300キロカロリーとか400キロカロリーくらいでしょうかねえ。現状から1000キロカロリーくらいを逆転させなきゃいけないとすると、残りの600キロカロリーとか700キロカロリーとかは、食事を量を減らすか内容をちょっと変えるかしてどうにかしなきゃいけなさそうですかね。

モダの顔 モダ

う〜む、現状の食事で3000キロカロリーくらいだから、600キロカロリーとか700キロカロリーとかっていったら、取ってるエネルギー源の5分の1とか4分の1とかを減らすってことかあ。う〜ん、まあそのくらいならなんとかなるかなあ。いやしかし、もうちょっと土日の運動量を増やしてもいいかなあ。どこも出かけたりしねえ日は、午前と午後に1時間くらいずつランニングでもしようかなあ。あっ、でも最初はそんなに体力とか足の筋力とか持たねえかな。

ソテの顔 ソテ

うーん、なるほど。でもまあ、そう考えてみると、そこまで無理なことはしなくても、けっこうなんとかなりそうな感じじゃないですかね。ダイエットってえらくつらくて過酷なものみたいなイメージがあったし、現在肥満進行中の部分の450キロカロリーくらいと脂肪減少のための480キロカロリーくらいとかを合わせた1000キロカロリーくらいをどうにかするなんて、もっとめちゃくちゃ過酷で苦しいものになるかと思いましたけど、現実的に十分できそうな範囲じゃないですかね。土日とか、その日に暇な人間で集まって、半日くらいサッカーとかでもすれば、けっこう楽しく運動できそうだし。

モダの顔 モダ

まあたしかに、テレビとかでやる誰かのダイエット体験記みたいなのとかって、なんかすげえつらくて過酷な感じだよなあ。『涙なくしては語れない』みたいな。ああいうの見るとダイエットなんてしたくなくなるし、考えたくもなくなるなあ。でも別に普通の人の普通のダイエットだったら、涙なんぞいらんそうだよなあ。まあテレビとかって、とにかく人目を引こうとして、実際よりけっこう極端に表現したりするし、やたらドラマ的にしようと誇張したりするからなあ。

コーシの顔 コーシ

まあそういうテレビ番組とかは、短期間ですごいたくさん脂肪を減らそうっていうのが多いような気がしますしね。たしかに、1ヶ月で5キロ以上脂肪を減らそうとかすると、かなり現状の生活を大きく変えなければいけなさそうだし、それはけっこう過酷なものになりそうですかね。

モダの顔 モダ

まあそもそもは、理想の脂肪の量の人と同じような生活をしてればそれでいいわけで、ダイエットがみんなそんなに死ぬほどつらかったら、それは人類の危機だよなあ。

ソテの顔 ソテ

ちなみに、急激なダイエットがつらいからってダイエットを完全にあきらめちゃうよりは、少しずつでも無理なく着実に脂肪を減らしていった方が良さそうですよね。



株式会社和田システム、ロゴ 株式会社和田システム